PICKUP!キャンパーインタビュー【2018年版】しまちゃん編

この記事の目次

キャンパー紹介

しっかりと吟味し、ひとつまたひとつと仲間に加わっていくキャンプギア。フィールドでは、それらの性能を最大限に発揮できるように丁寧に設営し、キャンプを楽しんでいるのが今回ご紹介するしまちゃんです。

テントサイトをシンプルにレイアウトするのは難しく思われがちですが、余計なものを「買わない」「置かない」を意識し、自分がやりたいキャンプスタイルさえイメージ出来れば、しまちゃんのテントサイトのようなスタイリッシュさを実現できるかもしれませんね。

それでは早速、シンプルなサイト作りを目標にギアチョイスを始めようと思っているキャンパーさんには特に必見なしまちゃんのテントサイトを紹介していきましょう。

 

PR
 

プロフィール

しまちゃんさん
30代 男性 キャンプ歴 2年

キャンプ仲間と福井県中心に月1〜2回のペースで楽しんでます。
まだまだ駆け出しなので、キャンプの先輩や友達から毎回勉強させてもらってます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

シンプルイズベスト。

必要以上にギアを置かずにサイト内がスッキリするように意識しています。

また道具も手の届く範囲に置いたりしてます。

お気に入りギア

1. sotolabo コカゲウイング

shimadaさん(@shimachan_55)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

美しい稜線と遮光性の高さです。

また、グルキャンをするにも十分な広さがあります。

私は少し高め(280㎝ほど)に張って空間を広く出来るように使うことが多いです。

2. coleman ステンレスファイヤープレイス

shimadaさん(@shimachan_55)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

薪を立てやすく火をおこしやすいところですね。

また、五徳が付いていて焚き火調理も手間なく出来ます。

3. tentipi サファイア9cp

shimadaさん(@shimachan_55)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

雪深い北陸に住んでいるので、雪中キャンプを快適に楽しみたいと思い最近購入しました。

まだ一度しか使えていませんが、これから大活躍してくれそうです。

4. snow peak コットハイテンション

shimadaさん(@shimachan_55)がシェアした投稿 -

お気に入りポイント

かさばるギアではありますが、椅子にもベットにも物置にもなる優れもの。

スノーピークのコットは組み立てが簡単で大きさもあります。

外で寝っ転がるとなぜか贅沢な気分になりますよね。

ギア選びのポイントは?

サイト全体の統一感を損ねないために道具の色合いは一番意識しています。

また、欲しいものを妥協すると、結局いいものが欲しくなってしまうので、出来る限り妥協しないようにしています。

今ゲットしたいギアは?

  • テンティピ エルドフェル ストーブ Pro

ビギナーキャンパーへアドバイス

キャンプは年齢性別を問わず皆んなが楽しめる素敵なアクティビティだと思います。

楽しみ方は人それぞれ。いろんなキャンパーと出会い、語り合って新しい楽しみ方を発見できるといいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。