【STORY.】シェルコン会 インタビュー 〜シェルコンに魅せられたスノピ公認リアルキャンパーの集い〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

先日いつものようにInstagramを眺めていると、気になるpicを発見しました。

好きなモノは集めたくなるものです。そして集めたモノは並べたくなるものです。その結果がトップのpicに。

スノーピークの人気ギア「シェルフコンテナ(通称シェルコン)」が富士山に負けじと積み上がった、その名も「シェルコンタワー」。

どうしたらこんなにたくさんのシェルフコンテナが集まるのだろう不思議に思い調べていくと、以前CAMPICのキャンパーインタビューにも登場していただいたa5tommyさん率いる「シェルコン会」のオフ会picでした。

PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】トム(a5tommy)さん編

2017.02.26

シェルコンといえば、見た目の無骨さと機能性の高さを併せ持ち、複数個を積み重ねたレイアウトも可能な万能タイプのコンテナです。

写真映えもとても良いので、おしゃれキャンパーを中心に人気が高く、スノーピークのオフィシャルサイト上では常に品切れ状態が続いている人気ギアです。

しかも調べてみると、こちらのシェルコン会、なんとスノーピークの公認グループとのこと!

Instagram上にはたくさんのキャンプグループがありますが、ブランド公認なんて前例があったかな?と興奮気味に「シェルコン会」のキャプテン「トムさん」に、連絡を取り、色々とシェルコン会についてお話を伺いました。

シェルコンの魅力やスノーピーク公認グループに至る経緯、シェルコン会の野望など、シェルコン好きのキャンパーにとどまらず、スノーピーク好きやお洒落サイトを目指すキャンパーには特に気になる内容が盛りだくさんとなっていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。


トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

まずシェルコン会とはなんでしょう?発足の経緯なども含めて教えてください

シェルコン会とは、スノーピークシェルフコンテナを所持する繋がりをきっかけとして、キャンプの楽しみを深めていく組織です。

キャンプで知り合いになるきっかけとして、同じギアもしくは自分の憧れのギアを持っている事で、サイトでコミュニケーションをとったりすることが多いと思うのです。

シェルコン会はシェルコンが好きで、同じように好きなメンバー同士でそんな繋がりを持てたらと言う願いから誕生しました。


どんなメンバーがいるんですか?

現在メンバーは東北から九州まで全国に在籍しております。 総人数は100名を越えました(2017年5月10日時点)。

メンバーとしては主将の@ni.outさんをはじめ、九州IG会でおなじみの@reirei1026 さん、関東の@キナピさんと@タカキョさんのW支部長、戦略部長の@jundeluxさんを中心に構成されております。


シェルコンにはまったきっかけや好きな理由は?

シェルフコンテナを使う前は、ギアの多さからギアを探すのに苦労したり、積載の時に荷崩れが度々ありました。

様々なコンテナボックスを試しましたが、ギアを出した後の見た目が悪いモノが多く、車にしまわなければならなかったり、見た目が良いモノでも、汚れやすかったり濡れると困るなどの問題がありました。

このシェルコンは、コンテナとして運び出した後はシェルフとしてそのまま使えます。また、無骨で男気があるスタイルながらデザイン性にも優れており、これまでなかった発想のコンテナボックスだと思い、すぐに気に入りました。

トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

シェルコンタワーのインパクトは強烈ですね(笑)誕生秘話などありますか?

シェルコンはコンテナ時でもシェルフ時でも積み重ねが出来るところが何よりも魅力的なんですよ。自然とメンバー同士で集まった時には一緒にタワーをやろうって事になってました(笑)

トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

シェルコン会はスノーピーク公認グループだそうですね!

そうなんです。実はスノーピークの山井社長とは、かれこれ15年来のお付き合いがあり、昔は一緒にキャンプに行ったりもしてました。

そして、シェルコン会のことは元々ご存じだったのですが、今回5月27日、28日にマキノ高原で行うオフ会に合わせて、公認を頂けないかダメ元で相談したところ、快諾してくれました。

会員限定キャンステやシェラカップが気になっています。キャンステやシェラカップを作った意図などありましたら教えて下さい。

活動を続ける中で、グループのアイデンティティとしてロゴマークを作りたいよね。という話が出ました。その流れで、幹部の@キナピさんの紹介で@bubbles0219さんにデザインをお願いし、完成しました。

完成したロゴの出来栄えが素晴らしく、メンバーの反響もとても高かったので、ステッカーに加えシェラカップも作ろうということになりました(キャンプと言えばシェラカップなので(笑))。

当初は自分が欲しくて作ったのですが、ステッカーもシェラカップも思わぬ反響で、あっという間に初回制作分が無くなってしまいました。シェラカップに関しては、130個〜150個位は作成したと思います。

どうすればシェルコン会メンバーになれるんでしょうか?

実はメンバーが100人を越えたタイミングで、一旦募集を中止しています。

シェルコン会では特にメンバー同士の繋がりを大事にしたいと考えています。そのため、実際に一緒にキャンプしたり、自分や幹部のキャンプスタイルに共感してくれている人を中心にメンバーが構成されているのですが、今回スノーピークの公認グループとなったことで、予想以上の反響があり、入会希望が殺到しました。

もちろん、シェルコンが好きで、自分たちのキャンプスタイルに共感し、入会を希望してくれる方がほとんどなのですが、ごく稀に、ステッカーやシェラカップ目的での入会希望に見えてしまう問い合わせがあるのも事実です。

やはりシェルコン会としては、今後も会の理念を理解して頂き、自分や幹部を始め、メンバーの”人となり”を知った上で入会してほしいなと思います。たとえばオフ会のようなグループキャンプは、マナーや振る舞いに寄っては、周りのキャンパーさんに迷惑をかけかねません。シェルコン会ではそのようなことがないように、メンバーにはキャンプ場におけるマナーやルールを遵守してもらった上でキャンプを楽しんでいきたいとも考えています。

メンバー募集に関しては、今後再開する予定ですので、Instagramで#シェルコン タグを入れたシェルコンpostをして頂ければ、こちらからお声がけしようと思っています。また、5月27日、28日にマキノ高原で行うオフ会などのイベントにメンバーの同伴で来て頂き、一緒に楽しんで頂ければ入会のチャンスもあると思います。実際に会って話して繋がることが何よりも大事だと思っていますので。

トムさん(@a5tommy)がシェアした投稿

今後の活動内容や目標などがありましたら教えて下さい。

今度のオフ会を皮切りに、関東や西日本などのエリアでも順次オフ会を開催していく予定です。また、四国や東北など、メンバー数がまだ少ないエリアでは、支部を作り、メンバー同士、支部同士の繋がりを楽しんでいきたいと考えています。

とにかく、無駄にグループを拡大するのではなく、支部やイベントを増やしながら、色々なことをメンバー同士で企画し、楽しくキャンプが出来るのが一番だと思います。

おわりに

いかがでしたか?今回は今Instagramキャンパー界を最もざわつかせているであろうグループシェルコン会について、キャプテンのトムさんに色々とお話を伺いました。

スノーピーク公認となり、今後注目度も益々高まるであろうシェルコン会ですが、メンバー皆さんのキャンプ愛、シェルコン愛の元、数あるグループを代表するような素敵な会になって頂きたいですね!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。