火とアウトドアの専門店 iLbf にお邪魔してきた【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

はじめに

こんにちは!キャリーバッグでキャンプする、キャリーキャンパーのもりふうみです!

今回は、埼玉県三郷市にある、火とアウトドアの専門店 iLbf (イルビフ) に行ってきました。ここは「店内で焚き火ができる、焚き火ラバーによる焚き火ラバーのためのお店」だそう。一体どういうお店なんでしょう…?

Instagramでよく見かけるおしゃれアイテムが勢ぞろい

店内に入ってまず目につくのは、所狭しと並べられたオイルランプ。変わった形のランプもあります。

さらにケロシンランタンや

天空の城ラピュタでおなじみのカンブリアンランタンも。実際に点火されているものもあって、火の様子も見ることができます。

薪ストーブもたくさん展示されています!昨年の冬、凍えて死にそうになっていた私ですが、今年の冬は薪ストーブをテントにインストールしてぬくぬくキャンプをしたくなりました。

感動したのは、かっこいいキャンパーなら誰でも持ってる(?)シェルコンで作られた陳列棚。こんな使い方をしているのを初めて見ました!超有名Instagramerであるcatapultさんやneruさんのオリジナルギアが並んでいました。

室内で焚き火体験

店内奥に進むと、桜、樫、クヌギ、ナラ、シデなどなど多くの薪が置かれています。木によって火をつけた時の燃え方は様々です。それぞれの燃え方や性質は店長さんが詳しく教えてくれます。リンゴの木は甘くていい香り!

時間があるときは、店内で試し焚きをしてくれます。店長の堀之内さんがネイチャーストーブに薪を入れて、

店内でそのまま着火。室内で焚き火の炎が揺れているのを見るのは初体験!

天井に大きな煙突と排煙設備が整っていて、普通の焚き火なら安全にできるそうです。なんとも不思議な光景……。

焚き火のギアもお試し

さらに私は、店内を見ていて気になったこのミニストーブを試させてもらいました。煙突効果でゴウゴウと薪が燃えていきます。

テントの展示があったり、椅子の座り心地を試すことのできるお店は多いけれど、火を使うギアを実際に点火して、炎のゆらぎ方、燃えやすさを見られるお店は他には(おそらく)ありません。焚き火系のギアを買う時には相談に来たいなぁと思いました。

オーナーからひとこと

iLbf(イルビフ)という薪ストーブや焚火台など、アウトドアで使う「火」をテーマにした専門ショップです。

店名は、 I Love the bonfire.「 私は焚火が大好きです。」より、頭文字をとって名づけました。

火は、人類とともに当たり前のように存在しています。

いつの間にか火の周りに人が集まり、食事をし、語り始める不思議な空間。囲んで過ごす際に感じる不思議な感覚、そんな焚火空間を提供できるお手伝いができればいいな、と思い店を進めております。

おわりに

不安定なお天気が続きますが、せっかくのキャンプの予定が雨でキャンセルになってしまったら、ここで室内焚き火を楽しめます!

テントに薪ストーブをインストールする方法や、薪の種類など、インターネットや雑誌の文字情報だけでは分かりにくいことはたくさんあります。

火に関することでわからないことがあったら、火とアウトドアの専門店 iLbf に相談しに来ようっと!

店舗情報

火とアウトドアの専門 iLbf (イルビフ)

JR武蔵野線 新三郷駅 西口徒歩7分
駐車場: 〒341-0003 埼玉県三郷市彦成4-4-19
※カーナビでお越しの場合は駐車場の住所をご指定ください
建物: 〒341-0003 埼玉県三郷市彦成4-4-17 みさと団地南商店街104
営業時間: OPEN 11:00(土・日のみ10:00~) CLOSE 19:00(土曜のみ20:00)
定休日: 月曜日・隔週火曜日(営業日カレンダー参照) ※定休日が祝日であってもお休みを頂いております
Tel: (048) 951-4949 Fax:(048)-611-7665
ホームページhttps://ilbf.jimdo.com
オーナーインスタグラム https://www.instagram.com/horiken2020/

PR