【コンパクトさとロマンを大事に】軽キャンパーさんにインタビュー!

今回ご紹介するのは、ソロキャンプやファミリーキャンプを楽しんでいるisocampさんです!

isocampさんはサバティカルのギリアを使った、シンプルなレイアウトを紹介してくださいました。

ギア選びの際は、コンパクトさを意識しているそう。またそれだけでなく、気分が上がるようなデザインにもこだわりがあるそうです!ぜひ、おすすめアイテムにも注目してみてください♪

プロフィール

isocampさん 40代 男性 キャンプ歴2年

はじめまして。
最初は友人のキャンプに椅子だけ持参するような便乗系キャンパーでしたが、いつしかキャンプギアをポチる右手が愛おしくなり…現在に至ります。

富士五湖付近を中心に、ソロ8割・ファミリー2割で活動しています。
積載に限りがある軽キャンパーとしてギア選びを楽しんでします。
よろしくお願いいたします。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

タープを張りませんので、前室の中でいかに快適に過ごすかを考えています。
昨年出会ったテント、サバティカル・ギリアは前室のサイズ的にソロでもデュオでも使いやすく重宝しています。
サイト内でシンプルかつキレイに過ごすには、ゴミ箱とサイドテーブルがポイントだと思っています。

お気に入りアイテム

1. MONORAL| ワイヤフレーム

お気に入りポイント

炎をまとった佇まい・収納時のコンパクトさ・布で燃やすロマンなど、好きなポイントが数多く詰まった焚き火台です。

クロスが長持ちするよう、オクタゴン型のステンレス網を置いてから使用しています。

ステンレスのスティックやユニフレームさんの網などを組み合わせてグリル使いもできるので、汎用性も高いです。

燃焼効率もよく、撤収時の灰の処理も楽なのも嬉しいです。

2. Wood and Burn| FirePitNANO

お気に入りポイント

家でも外でも、テーブルでちみちみと焼き鳥したいと思っていた時に出会ったのですが、、展開した時・折り畳んだ時の両方のビジュアルにやられ購入しました。

ビジュアルだけでなく機能的で使いやすいこともあり、最近ではもっぱら一軍ギアとして連れていってます。
あまりSNS等でも見かけないのもいいですね。

3. conifer cone| バタフライソー

お気に入りポイント

キャンプギアというものに魅せられるきっかけになったアイテムの一つだと思います。

畳んだ状態からワンタッチでノコギリになる様子に思わず目を奪われ、当時は在庫も少なく、近くのアウトドアショップへ電話しまくった記憶があります笑

手持ちの焚き火台に乗せるには薪が大きすぎることが多いので重宝しています。

4. Snow Peak| リトルランプ ノクターン

お気に入りポイント

就寝時間にランタン類を消して、この光だけで過ごす時間が好きです。

ネットで入手したガス管で二股にして使っています。
こちらに合わせて、他のギアもOD缶を使うものに統一しています。 .

ギア選びのポイントは?

軽キャンパーなので収納時のコンパクトさが重要となるため、デザインと積載にこだわってギアを選んでいます。

その際、ミニマム枠とロマン枠でアイテムを分け、明らかに荷物は増えるけど持っていくとテンションが上がるモノ=ロマン枠を大事にしてます。
※ノクターンの二股や、薪割りの斧などはロマン枠です笑

また、68Lのギアコンテナに収まるものしか持っていかないとルールを決め、新しいギアを導入したら、不要なものを省くようにしてギアが増えすぎないようにしています。
※ポチり衝動の抑止力としてもこのルールは活躍してくれてます笑

今ゲットしたいギアは?

  • ogawaのファシル
  • CATOMAのメッシュシェルター
  • NEUTRAL OUTDOORのキャリーワゴン
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

個人的には一式揃えて臨むよりも、まず一回行ってみることをオススメします笑
そこで、実際のサイズ感や何があれば良いのかが見えてくるので…
もちろん、映え映えのインスタの猛者達に追い付けるよう形から入るのもアリです。
いずれにしても、とっても充実した趣味になるのは間違いないと思います!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。