【驚愕】嘘でしょ…これが自作!?「DIYレベル」が高すぎる手練れキャンパーさんにインタビュー!

今回ご紹介するのは、とんでもなくレベルの高いDIYをして、唯一無二のキャンプを楽しんでいらっしゃるキャンパーの穴虫 Knock on woodさんです!

木を基調としたギアをはじめ、ジャグやLEDランタンまでなんでも自作してしまう穴虫 Knock on woodさん。その出来栄えは購入するアイテム顔負けで、とにかくハイクオリティ!ただかっこいいだけでなく、自作ギアならではの“こだわり”“味”写真越しでも伝わってくるのが、なんといっても素敵です。。

今回はそんな穴虫 Knock on woodさんの自作ギアを含めたおすすめギア4つをご紹介いただきました!ギアの新調を考えている方はもちろん、DIYへ挑戦しようと目論んでいらっしゃる方はぜひインスタグラムと合わせてご覧ください!

それでは早速、見ているだけで夢が広がってくる穴虫 Knock on woodさんのキャンプシーンを見ていきましょう!

PR  

プロフィール

穴虫 Knock on woodさん
40代 男性 キャンプ歴 10年以上

三十代前半までは世界を自転車で走っていました。ユーラシア大陸横断、カナダアメリカ横断、オーストラリア大陸横断など様々な所でキャンプ(野営?)で通算3年ほどキャンプしてきました。結婚して子供が出来てからはファミリーキャンプばかりですが、DIYが好きなのでキャンプギアを自作して楽しんでいます。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

木を基調とした自作ギアにこだわっています。ハートの木箱は洗う前の食器を隠して収納しています(笑)タープポールは基本的に流木や木の枝を利用している為。強風で折れたりしますがその度に拾いにいきます。

お気に入りギア

1. バンドック ソロベース

お気に入りポイント

最近、大人気のバンドック ソロベースですが人と同じは好みではないのでタープとして使っています。おすすめポイントは日の方角によってサイドウォールの向きを変えて直射を遮ることができます。3人家族+ワンコにはちょうどいい大きさです。

2. Knock on wood(自作) LEDランタン

お気に入りポイント

ほとんど100均の素材を利用しているがアンティークなモノに見えるのがポイントです。因みに光源は仏壇用ロウソク型LEDです。鉄の素材は一度、焚き火に放り込み燃やして錆びさせています(笑)

3. ティクラ ティーハウス

お気に入りポイント

夏限定ですが、4面メッシュ、天井までメッシュなのでめちゃくちゃ涼しいテントです。フライシートを外すと星空を見上げながら寝ることができます。残念ながら今はブランド自体が消滅してしまい入手できません。

4. DIY作品 スポークコーヒードリッパー

お気に入りポイント

自転車好きの友達が作ってくれた作品です。自転車のスポークを曲げて作っています。組み立て式でコンパクトに収納が可能です。

ギア選びのポイントは?

自作がメインですが既製品を買うときは人気や流行りのギアは避ける傾向にあります(薄笑)もし人気が出たりすると改造したり、他の人がしない使い方をします。人と同じは面白くないと思ってしまうアマノジャクです。

今ゲットしたいギアは?

  • オールドキャンピングカー
  • レイルロードランタン
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
ライフスタイルと同じで人それぞれキャンプの楽しみ方は違います。流行りに手を出す前に自分がどのようなキャンプライフをしたいのかイメージしてみましょう。

◾︎これからキャンプを始める人へ
キャンプはギアを色々と揃えなくてもテント以外は家にあるものでなんとかなります。外でご飯を作って食べたら美味しいし、朝日を見ながら飲むコーヒーはサイコーです。とにかくカッコなんか気にせず楽しんでみましょう。


ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。