PICKUP!キャンパーインタビュー【2019年版】波平さん編

この記事の目次

キャンパー紹介

今回ご紹介するキャンパーは、お気に入りのギアに改良を重ねオリジナルテントの作成を目標に掲げる波平さんです。

プロダクトに対する意識が強いからそこのギアチョイスやレイアウトは流石の一言。幕から小物に至るまで、幾十ものフィルターを通し、研ぎ澄まされているようです。自作テントお目見えの日もそう遠くないかもしれませんね。

それでは早速、ギアへのこだわりを感じ始めたキャンパーさんには是非チェックして頂きたい波平さんのキャンプライフをご紹介していきましょう。

 

 

PR
 

プロフィール

波平さん
40代 男性 キャンプ歴 3年

自然の中で遊ぶのが好き。緑の中で呼吸をすると、日頃から身体や心にたまっている悪しき何かが、抜けていく気がしませんか?

昨年はシロクマと戯れ、シロクマに溺れていました。最近では、工作好きの趣味が幸いして、テントの改造を楽しんでいます。

そして目標は、一からテントを自作してみたいと思っています。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

冬場は気温が低いため、トゥピケの火付きが悪いので、ネイチャートーンズのキッチン台と一緒に留守番です。調理は主に、フジカハイペットと焚火料理にしています。

タープも低めに張って、気温が極端に下がったり、風が強くなったら両サイドを落として、ドーム状に変形させます。ストーブの効きが格段によくなります。

現在、石油ストーブはフジカハイペットとゴールドフレームのツートップフォーメーションです。

お気に入りギア

1. 日本船燈 ゴールドフレーム

お気に入りポイント

見た目の美しさ、ストーブとしての機能は勿論ですが、ランタンとしても優秀に機能します。
このストーブを灯すと、TCテント(ウトガルド)がオレンジ色に発光し素敵な雰囲気を演出します。
生涯大切にしていこうと思う道具のひとつです。

2. 三木かじや村 刃物製品

お気に入りポイント

アウトドアフェスで巡り合った逸品です。
よく切れる、使いやすい、厳つい(かっこいい)の3拍子揃った刃物です。
名入れもしてもらえるので、よりいっそう愛着がわきます。
キャンプ仲間のプレゼントにも喜ばれました。
今は、三木かじや村さんのフライパンが気になっています。

3. Bush Craft SUSタフステークス

お気に入りポイント

今までいろいろなペグを使いました。
軽いもの、形状の変わったもの、高級なもの、安価なもの、などなど…。これが私の中では、一番使いやすく、見た目も良く、お財布にもやさしく、メンテナンスも楽なペグだと思います。
地味なお勧めですが、ペグ選びは自分も散々無駄遣いをしてきたので、3番目にいれてみました。

4. 自作 表札

お気に入りポイント

キャンプ場で、他のキャンパーさんのサイトを巡っていた時に、素敵な自作の表札を見つけたのが制作のきっかけです。
ホームセンターに材料を買いに行くと、たまたま丁度いい大きさの丸い板を見つけ、それに沿ってデザイン・彫刻しました。
同じようなテントが多いなか、小さいながらも存在を主張してくれます。
ちゃんとニスで防水加工をしてあるので、雨が降っても墨は滲みません。

ギア選びのポイントは?

巡り合いを大切にしています。

素敵なギアに出会ったら、即買いします。お金に糸目はつけません!と言ってみたいのですが…現実は、倉庫に限りがあるので、大きさ、重さは重要な選考基準です。

見た目の美しさも大切ですが、実用性はもっと大切だと思っています。また、作る楽しみも大切にしています。

なんでも買ってしまうのではなく、作って遊ぶ、設営して自画自賛する、ということもキャンプの楽しみのひとつになっています。

今ゲットしたいギアは?

  • パップテント用のローチェア
  • 真鍮のランプ
  • 自作用工具
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプ場でうろうろ散歩して、素敵なサイトを見つけたら話しかけて色々なことを勉強させて貰うと良いですよ。
私も、ぷらぷらと散歩して、素敵な自作品やレイアウトやアイディアを学んでいます。
キャンパーの皆さんはとても親切ですよ。

【これからキャンプを始める人へ】
楽しめればばそれでよいかと思います。
スタイルとかそういうのは気にしないで。
こだわりが生まれたら、効率よくキャンプの沼にハマってください(笑)。