流行に左右されないキャンパーさんの素敵なテントサイトをご紹介

今回ご紹介するのは良い意味で王道ギアから少し外れた、個性あふれるテントサイトでキャンプを楽しんでいらっしゃるおしりのごはんさんです!

キャンプ歴を重ねていくと、より周りのキャンパーさんが「良い!」というものにつられていってしまうものです。(特に筆者はミーハーなのでその傾向が強いです(笑)。)

ですが今回ご紹介いただいたおしりのごはんさんのテントサイトは「本当に自分が良いと思ったものを取り入れているんだろうなぁ」と思うようなギアチョイスで、こういうのも素敵だな、なんて思わず考えさせられてしまいました。

流行を追うのも楽しいけど、そろそろ自分色も出していきたい!と考えていらっしゃる方は是非最後までご覧ください!

それでは早速、編集部にも気づきを与えてくださったおしりのごはんさんのテントサイトをみていきましょう!

PR  

プロフィール

おしりのごはんさん
40代 男性 キャンプ歴 4年

大体いつもキャンプロスの向こう側の先の突き当たりを右に曲がってすぐの辺りにいます。
なので万年ビギナーキャンパーです(笑)子どものためにと始めたキャンプなのに自分が1番ハマってる組の端くれでもあります。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

あまり動かなくてもいいよう、なるべくすべてのものに手が届くようにレイアウトすることを心掛けています。が、過去1度も成功したことはありません笑

このときはシンメタリーを意識しました。意識をしただけで出来てはいませんが笑

秘密基地を作る感じが好きなので、基本的にテントとタープは離さずに設営することが多いです。

お気に入りギア

1. MSR ドロメダリーバッグ

お気に入りポイント

軽くて小さく収納できるのが最大の魅力です。タープポールやランタンポール、木などにぶら下げれば、ジャグを置くための台も必要ないですし、積載の強い味方です。難点は、オプションの蛇口キャップ(スピゴットキャップ)がすでに廃盤で手に入りづらいことです。

2. The North Face ノーススター4

お気に入りポイント

大きすぎず小さすぎず、私の家族4人にとって、ちょうどいいサイズなのでとても気に入っています。壁が立っているからテントの端でも窮屈にならないです。

中央は高さが170cmほどあり、立って着替えられると妻にも好評です。自立するドームテントなので、組み立て後に位置を微調整したり、ひっくり返してボトムを乾かすのもやりやすいです。3箇所出入口があるのも使い勝手が良いです。

3. AquaQuest Safari タープ

お気に入りポイント

軽くて取り回しがしやすいのが気に入っています。ループがたくさん付いていて色々な張り方ができるのが楽しいです。

タープを張るのは面倒だけど、雲行きが怪しいなぁというときは、このタープをダイヤモンド張りして、サッと荷物を雨風から守ります。

値段からは想像できない耐水性の高さも魅力のひとつです。邪魔にならないサイズというのもあって、持っていくと安心するので必ず車に積んでいきます。

4. PAINE スタードーム

お気に入りポイント

形が好きです。こういうジオデシック構造のフレームワークが好きなんです。

本格的な山岳用のテントらしく、しっかりしています。それでいて、どこか愛らしい雰囲気もあって気に入っています。配色も好きなんですが、虫も同じように好きらしく、不思議と寄ってきます笑

さらに不思議なのは、このテントがなんの前触れもなく突如友人から送られてきたことです。

ギア選びのポイントは?

まずは車に積めるかを考えます笑
キャンプを始めたばかりの頃、積載、設営、撤収で苦労したので、なるべく簡単に展開、収納できるモノを選ぶようにしています。

あとは、好みはその時その時でどんどん変わっていくことが分かったので、あまり深くは考えずに試していくようにしています。と言いつつ、妄想も結構しています笑

今ゲットしたいギアは?

  • Helsport Gimle Family 4
  • Vision Peaks トレスアーチ2ルームテント
  • Mountain Hardwear Hoopstar
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

◾︎初心者キャンパーさんへアドバイス!
キャンプはやるべきことが多すぎるし、予定外の出来事も多いです。最初からほとんどうまくいかないと思った方が楽になると思います。うまくできたらラッキーだと。そんな風に私も先輩キャンパーの方々に教わりました。いまだに自分にもそう言い聞かせています笑

◾︎これからキャンプを始める人へ
キャンプに慣れるまでは、雨の日や風のある日はできるだけ避けましょう。トラウマになる可能性があります。私です笑

道具はレンタルでいいので、まずは高価格なキャンプ場など、安心なところで体験してしまうのが良いと思います。アレコレ悩むよりきっと色々と早いです。

私の初めての感想は、『100妄想は1体験に如かず』でした。「さっき設営したのにもう撤収か笑」と思いつつつも楽しかったのを覚えています。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。