PICKUP!キャンパーインタビュー【2018年版】mitokonさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

キャンプ場の空間・時間を有意義にしてくれるキャンプギア。手に入れた後は長い期間一緒に過ごすモノだからこそ、自分にとって最高のギアと共にキャンプを楽しみたいですよね。

今回ご紹介するmitokonさんも、1つ1つのギアにしっかりと思いを込めてキャンプを楽しんでいるキャンパーさん。ギアへの愛情が高いからこそ、時には面倒に感じることもある設営・撤収もしっかり丁寧に。見習いたいポイントです。

それでは早速、スノーピークからガレージブランドまで幅広く愛用し自分らしさを演出しているmitokonさんのキャンプライフを紹介していきましょう。

 

PR
 

プロフィール

mitokonさん
30代 男性 キャンプ歴 10年以上

キャンプ大好き、ギア大好き、家族大好き、テントで寝るのが大好きなアラフォー男子です。
キャンプスタイルは、ファミキャン、デュオキャン、グルキャンです。
特技は、テントを綺麗に張る事です!

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

ランドベースにヘキサエヴォの組み合わせ。
左右対称に配置して、夏なので開放的にフルオープンにレイアウトしたことがポイントです!

お気に入りギア

1. ペトロマックス HL1

お気に入りポイント

ハリケーンランタンが欲しくて欲しくて探していた時に、子供たちに誕生日プレゼントしてもらったので、ギアのカッコ良さだけではなく、愛着が湧いてます。

2. ネイチャートーンズ 2WAYハイテーブル ヴィンテージシリーズ

お気に入りポイント

ネイチャートーンズさんの初の店舗シーサイドショップ開店の際に、キャンプ終わりに撤収後、滞在時間30分のために片道2時間かけてお邪魔した際に、ガラガラ抽選で当選した1品。

家族もお気に入りの、キャンプでも家でも使えるカッコ良いギア!!

3. 新保製作所 角型3面窓付薪ストーブ”FIRE SIDE”

お気に入りポイント

薪ストーブの熱量が欲しくて我慢できずに、小樽にある新保製作所さんの店舗まで直接買いに行ったギア。左右対称で置く場所を選ばず家族みんなで薪ストーブを囲めるのもお気に入りのポイント。

オススメポイントとしては、窓が両サイドと前面の3面についているので炎をいろんな角度から眺める事が出来て、薪を入れる開口部も大きくて薪を入れやすくて扱いやすくて、薪ストーブ本体の内側に火の粉止め(内壁)が有るので、火の粉が飛びにくいのでテントに穴が開きにくく、煙突に炎が逃げないので煙突が高温になりにくく、幕避けが容易にできるのがオススメポイントです。

4. スノーピーク ランドベース6

お気に入りポイント

元々がタープみたいな作りなので、とにかく設営と撤収が簡単♪とにかく大きい!!

8m×7mの快適空間の中で、前や後ろがなく左右対称なのでサイトアレンジが自由で、全面全てにインナーテントが設置出来て、最大インナーテントが5個設置出来て、家族のプライベートも確保出来て、5人家族の我が家は本当に使っていて快適な幕です♪♪

スカートも付いているので冬でも使えて、全面メッシュ採用で夏も使える優れた幕だと思います!!

ギア選びのポイントは?

ギアに込められた作り手の思いや、売り手のこだわりを感じる事が出来るギアを選んで購入しています。あとは、気持ち良く買い物が出来るとそのギアへの愛着が湧いて大事に使いたくなります。

普段は気にならないかもしれないですが、作り手の方がモノづくりに込めた思いやこだわりを感じた時に購入して(選んで)良かったと1人でニヤついています!

今ゲットしたいギアは?

  • スノーピークのランドベース6の色違いアイボリーかグレー
  • 家族全員のバースランタン
  • キャンプ用2段ベッド(ひとつあるのでもう1つ欲しい)
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

いろんな方の、キャンプスタイルを見たり、アウトドアショップやキャンプイベントなどでいろんなギアを見てから購入した方が失敗が少ないと思います。

キャンプ場でも勇気をだして声をかけると皆さん優しくギアを見せてくれますよ!!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。