ピコグリル398(Picogrill 398)レビュー 〜Simple is best な焚き火台で焚き火をもっと楽しもう〜

この記事の目次
PR
 

はじめに

今回は数ある焚き火台の中から、その美しいフォルム驚くほどのコンパクト性で絶大な人気を誇るmade in swissの焚き火台ピコグリル398を徹底レビューします。

取り扱いショップでは入荷すると即売れてしまう程の人気で、ソロからファミリーまで様々なジャンルのキャンパーに愛用されています。

それでは早速ピコグリル398の人気の理由に迫りましょう。

ピコグリル398が人気の理由その1 美しいフォルム

dsc_1161

ピコグリルの素晴らしさを語る上で忘れてはならないのが、どの角度から見ても美しいフォルムです。

極めて薄い高級ステンレス素材で出来ており、燃焼効率を高めるための程よいカール均一に並んだスリットが、他の焚き火台にはない芸術性を生み出しています。

dsc_1156
5

ピコグリル398が人気の理由その2 圧倒的なコンパクト性

焚き火を楽しむ場合、焚き火台自体にかなりの堅牢性が求めらます。沢山の薪を次々に焼べ、時には重たいダッチオーブンを設置して焚き火料理をすることさえ想定されるからです。

さらに数人で焚き火を楽しむ場合には薪のサイズも大きめのものが使われます。そうなると次第に焚き火台自体の重量・サイズ共に大きいものが必要になってきます。

ところがこのピコグリル398は、重量わずか450g弱、収納サイズに至ってはA4用紙サイズ程度にまでコンパクトに収まりながら、上に挙げた用途を完璧にこなしてしまいます。

これは最高品質の材料で長期使用を可能にすることが、最終的に環境への配慮へとつながるというピコグリル販売元の「STC GmbH社」の設計哲学の賜物で、実際に使用するとその無駄のないデザインとコンパクト性に改めて感心させられてしまいます。

また、収納状態からの組み立てもとっても簡単で、女性一人でも迷うことなくあっとう間にセットアップが完了します。

dsc_1197
137
138

 

ピコグリル398が人気の理由その3 驚くほどの燃焼力

焚き火台に最も求められるスペックはなんといっても燃焼力です。それぞれのブランドが独自の技術で燃焼効率を高める努力をしていますが、ピコグリル398の燃焼力もとても高いことで有名です。

焚き火台のデザインは正方形に近い形が主流で薪を縦に組んでいくことが多いですが、ピコグリル398のデザインは長方形。そのため大きな薪をそのまま横に寝かして焼べます。

先述した燃焼効率を高める構造によってピコグリルの中央部分に風がよく通りあっという間に安定した火力を確保します。その後も基本的には上に薪を寝かせていくだけで程よいサイズの焚き火を楽しみ続けることが可能です。

3
11
102
20

 

ピコグリル398が人気の理由その4 おしゃれなスピット

ピコグリル398にはオプションでスピット(串)が用意されています。このスピットはとっても万能で、2本並べて五徳代わりにスキレットやダッチオーブンを置くことも可能です。

それ以外にも、焼き網代わりに使ったり、直接野菜やお肉を刺してBBQを楽しむこともできます。

焼き網や串は使い捨ててしまうイメージが高いですが、統一感の取れたかわいいデザインの専用スピットを一緒に使うと、いつもピカピカに磨いて持ち歩きたくなってしまいます。

2
dsc_1183

ピコグリル398(Picogrill 398) の基本情報

発売元
Pikari outdoorshop
金額
11,800円
仕様
●サイズ:収納時 33.5cm×23.5cm×1cm 組立時 38.5cm×26cm×24.5cm
●重量:約 448g(本体)
●素材:ステンレス

おわりに

今回は、人気焚き火台ピコグリル398を徹底紹介しました。
焚き火台はキャンプギアの中でもなかなか買い直さないギアです。また、焚き火がキャンプの一番の楽しみという人も少なくありません。
そのため、焚き火台を選ぶときは、本当に欲しい一台を選ぶことをオススメします。

その中でも今回ご紹介したピコグリル398は特にオススメできる焚き火台だと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。