最小限の道具で自然と向き合う!シンプルで落ち着いた野営スタイルが参考になる。

今回ご紹介するのは、ソロキャンを始めて野営の虜になった長野市在住のミコさんです。

長く使えるアイテムを選んだり、景観を壊さないように落ち着いた色のものを選ぶようにしているというミコさんのインタビューからは、ありのままの自然を楽しむという姿勢が伝わってきます。

シンプルで落ち着いたレイアウトやアイテムはとても参考になるので、ぜひ最後までチェックしてみてください♪

CAMPIG
CAMPICの姉妹サービスCAMPIC GEARが誕生!
お気に入りのギアのレビューや口コミを気軽にシェアしてみてね!

プロフィール

ミコさん 20代 男性 キャンプ歴3年

はじめまして長野市在住のミコです。
ソロキャンを始め、色々なキャンプ場へ足を運びました。しかし、キャンプ自体は楽しいものの『どこか違う 何か違う』と思い、自分のやりたい事は何かを模索していました。

すると、知り合いから長野県飯綱町にある、手付かずの森林を自由に使っていいと言っていただき野営をすることに。
『これだ!』今では野営の虜になってしまいました。

たまにキャンプ場にも行きますし、キャンプ仲間と集まってキャンプもします。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

荷物はバックパック1つ。
倒木を使い、ポーランド軍ポンチョテントを吊り下げ式で設営。

サイズ3と言えどセンターポールがあると狭いので、吊り下げ式での設営が好きです。

持っていく道具を最小限にすると愛用ギアを愛でる時間が少なくなるのは残念。その代わり焚き火をいじり、自然と向き合う時間を増やすことができるこのシンプル設営が私は大好きです。

お気に入りアイテム

1. SAVOTTA| Jääkäri M

お気に入りポイント

フィンランドの特殊部隊が使っているバックパック。かなり丈夫です。モールシステムで拡張性もありますし、機能性に優れています。

そしてかっこいい。他のバックパックに比べ、日本で使ってる方はまだ少ないと思います。あまり人と被りたくないと言う方におすすめです。

2. THE DAY JAPAN| ククサ

お気に入りポイント

元は柄は入っていなかったのですが、友人にウッドバーニングで柄を入れてもらいました。

世界に一つだけのククサ。朝からこれを使って飲むコーヒーは格別です。

3. Coleman| 200b、286A

お気に入りポイント

1番左の286Aと手前の赤200B
両方とも製造年月が私の誕生年月と同じ。いわゆるバースデーランタンです。

28年前のランタンなのでまだまだピカピカです。これからどんどん使っていき、私と共に歳を取っていきます。いつかは若い人からかっこいいと言われるようなヴィンテージランタンになるのが今から楽しみです。

同じ年代の方でバースデーランタンお持ちでない方は今のうちに手に入れ、一緒に成長していくのも素敵だと思います。

4. BUSHMEN travel gear| Thermo-tarp 4×4

お気に入りポイント

断熱シートを施した耐水タープです。

表裏で切り替えられます。夏は断熱シートを表にすればタープ内が涼しくなり、冬は裏にすることでタープ内の熱を外に逃しません。
タープ泊ハンモック泊が好きな方にかなりおすすめです。

ギア選びのポイントは?

値段は高くても長く使えるものを選んでいます。
使えば使うほど愛着が湧き相棒のような存在になります。

最近は少しでも自然の景観を壊したくないので、
色は落ち着いた色を選ぶようになりました。

今ゲットしたいギアは?

  • 豊国作 一匹野狼 剣鉈
  • Coleman M-1941
  • Bushbox チタン
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

キャンプやりたい!かっこいい!そう思ったら即行動する事をおすすめします。私の初キャンプはクーラーボックス、イス、テーブルのみでした。テント買って行かなかったので車で寝ました。

最初から完璧を求める必要なんて無くて徐々に自分のスタイルを作り上げていけばいいと思います。まずは一歩踏み出してみる。美しい自然が待っていますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。