【新製品】カマボコテント2・チーズタープにブラックカラー登場!

この記事の目次

はじめに

各社2017年の新製品情報が一段落したかと思いきや、ドッペルギャンガーアウトドアから、驚きのニュースが飛び込んできました。

先日当サイト内でも紹介し、2017年も品薄必須のカマボコテント2にまさかのブラックバージョンが登場です。

ブラックテントといえば、ogawaの黒ピルツが有名ですが、カマボコテント2のサイズ感を考えると、黒ピルツにも勝るとも劣らないインパクトを与えてくれそうです。

また、同時にチーズタープもブラックバージョンが発表されているので、この2製品の組み合わせが醸し出す雰囲気を想像しただけで、ワクワクが止まりませんね。


遮光性アップでクールにキャンプしよう。「カマボコテント2」「チーズタープ」に新色登場。

ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)のアウトドア用品ブランド「DOPPELGANGER OUTDOOR®(ドッペルギャンガーアウトドア)」は2017年3月25日より、リビングと寝室がひとつで設営できる2ルームテント「カマボコテント2」、正方形型タープ「チーズタープ」の新色ブラックの予約受付を開始します。

今回予約受付を開始するのは、先行発表したベージュカラーモデルとはイメージが異なる、クールなブラックカラー。 スペックはベージュカラーと同じですが、生地の色が濃いため、遮光性が高くなっています。

「カマボコテント2」とは

「カマボコテント2」は、名前の通りカマボコ形の大型テントです。 本製品一つで、大人10人が食卓を囲んでゆったりくつろげる広いリビングと、大人5人が就寝可能な寝室を設営できます。 天井高190cmと立って歩けるゆとりを持ちながらも、日本のキャンプ場に多い8~10m四方の区画に合わせて使いやすいサイズで設計。 大人数や複数世帯でのファミリー・グループキャンプで活躍します。

2016年モデルの初代「カマボコテント」から改良を加え、更に居住性・通気性がアップ。 テント生地に厚みを持たせ遮光性や耐久性を向上しました。 空気の通りが良くなるよう入口、窓、ベンチレーターのサイズ・構造も見直しています。

「チーズタープ」を筆頭にオプションパーツも充実

2017年からは、オプションパーツも充実しました。

「チーズタープ」は、スライスチーズのような正方形型のタープ(日除け)です。 素材には厚みがあり通気性も良いT/C(ポリコットン)を採用。 「カマボコテント」「カマボコテント2」に覆いかぶせるように張る「チーカマスタイル」で、日陰がさらに広く濃くなり、テント内の結露を軽減する効果も生まれます。

ポールを通すグロメットとロープを結ぶループを各辺、四隅に合計16ヶ所配置しているため、張り方のアレンジも自由自在です。

またその他にも、入口側にもう一部屋吊り下げるための「カマボコテント用インナーテント」や、グランドシートとインナーマットがセットになった「カマボコテント用マットシートセット」がオプションとして選べるようになりました。

予約方法

「カマボコテント2」「チーズタープ」の黒色は、2017年3月25日(土)、26日(日)に、イオンモール木更津店HUNT(千葉県木更津市)内で行われる特別展示販売会にて展示、先着順にて予約を承ります(ベージュの予約受付はありません)。

製品概要

カマボコテント2の耐水圧に関しまして当初の発表に誤りがあったそうです。詳しくはこちらをご確認ください。2017年5月24日追記
カマボコテント2

【型番:カラー】T5-489-BK:ブラック
【サイズ】組立時(外寸):(約)W3000×D6400×H1950mm, 収納時:(約)W680×D320×H320mm
【重量】(約)16.9kg
【材質】 アウターテント:150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み)
フロア:210Dポリエステル、フレーム:アルミニウム(AL7001)
【最低耐水圧】アウターテント:5000mm 3000mm、フロア:5000mm
【付属品】ペグ、キャリーバッグ、取扱説明書
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:48,000円)

チーズタープ
【型番:カラー】TT10-492-BK:ブラック
【サイズ】組立時(外寸):(約)W5000×D5000mm 収納時:(約)W620×D180×H180mm
【重量】(約)6.5kg
【材質】ポリコットン(ポリエステル65%、綿35%)
【最低耐水圧】350mm
【付属品】ペグ、ロープ、専用キャリーバッグ、取扱説明書(ポールは付属なし)
【希望小売価格】オープン価格(税別参考価格:20,000円)

おわりに

いかがでしたか?今回はドッペルギャンガーアウトドアから発売されるカマボコテント2のブラックバージョンに関するニュースをお届けしました。

次々とキャンパーの度肝を抜く新製品を投入し続けるドッペルギャンガーアウトドアが、2017年もDOD旋風を巻き起こしそうな予感を感じさせてくれる情報だったかと思います。

東京では桜の開花宣言がなされ、いよいよ春本番!同時にキャンプシーズンも本格的に始まりそうです。今シーズンも素敵なギアと素敵な仲間に囲まれて、たくさんのフィールドで楽しい思い出を作りましょう!

PR
 

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。