台湾アウトドアショップ探訪記 【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

こんにちは、キャリーバッグで徒歩キャンプする大学生、キャリーキャンパー「もりふうみ」です。

前回、台湾のキャンプフェス「Camp de Amigo」に参加した様子をお伝えしました。今回はその前後で訪れた台湾のアウトドアショップを紹介していこうと思います。

台湾のフェスCamp de Amigoに参加してみた | もりふうみの徒歩キャン日記

2017.12.28

日本と同じようにアウトドアが盛んな台湾は、お店もきっと充実しているはず!と思い、フェスついでに台湾のアウトドアショップを巡りに。

基本的に店内の写真撮影はNGな台湾。中国語が全くわからない中、どうにか許可をいただき取材を敢行しました!

台北駅周辺のお店ばかりなので、旅行やお仕事で台湾に行かれる方もアウトドアショップに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

台北駅からアウトドア用品街へ

まずは、台北駅から歩いていけるアウトドアショップへ向かいます!

台北駅のM7出口から地上に出るとすぐに「patagonia」がありました。記念すべき台湾1軒目の初アウトドアショップ。気になるお値段は日本とあまり変わらない感じ…。レートが良かったらちょっぴりお得かもしれません。

patagoniaを後にして、この美容院「A&F」の角を曲がります(わかりやすい!)。

すると、アウトドア用品店がこんなに並んでいます!キャンプブロガーのさくぽんさん曰く「東京でいうところの御茶ノ水のような雰囲気のお店ばっかり」な場所です。

行ってみるまで知りませんでしたが、台湾は登山が盛んな国で、この通りも本格的な登山用品がズラーッと並んでいました。

べし
台湾に山のイメージはあまりないけどねー。
もりふうみ
富士山よりも高い3952mの玉山を筆頭に3000m級の山が164座もあって、登山が盛んらしいよ。

ギアがぎっしり「登山友」

この通りでも一番規模が大きい「登山友」というお店におじゃましました。かなり年季の入った建物です…。

店内はアウトドア用品が所狭しと並べられています。 1階は靴や小物がメイン。日本でよく見るようなギアから、ちょっと使い方の分からないものまでいろいろ置いてありました。

私たちが行った時には日本語ぺらぺらの店員さんが対応してくれました!「ビクトリノックス」のナイフも手に取って見せていただきました。こんなにたくさん初めて見たかも…。

2階はバックパックとキャンプ用品コーナー。うっかり日本に忘れ物をしてもなんでも揃いそうです。

登山友商店
台北市中山區中山北路1段18-20-22
営業時間:12:00〜21:30(日曜は18:00まで)

ミリタリーキャンパー必訪「MadBackpack」

続いて「登山友」を出て左手に進むと、アウトドア ストリートの1番奥に「軍規戸外用品」と書かれた看板を発見!漢字から推測するに「軍モノの払い下げのアウトドア屋さん」かな?

鉢植えが生い茂っているジブリに出てきそうな路地裏。ここを抜けた先にあるらしい…。

ありました。「MadBackpack 背包狂人 軍規戸外用品店」です。

もちろん予想は的中!「MadBackpack」の名の通り、実際に軍で使われていたバックパックがずらり!中には名入りのバックパックもありました。

軍モノはあまり詳しくないのですが、上野のミリタリーショップ「中田商店」の品揃えと比べると、もっとアウトドア寄りでオシャレなものを集めている感じ。

小物もたくさんあり、コッヘルやナイフ、ライトも男前なものが揃っています。ミリタリーキャンパーさんやツーリングキャンパーさんは特に楽しめると思います。

背包狂人軍規戸外MadBackpack
台北市中山北路1段34-3
営業時間:12:30〜21:30(日曜は18:30まで)

海外ギアが充実!「U楽森活」

さて、続いては信義淡水線東門駅3番出口から徒歩2分。「U楽森活」というお店に向かいます。

誰もが勧める中華料理のお店、「鼎泰豊(ディンタイフォン)」の本店の近くにあります。



登山用の服・靴・鞄がメインのお店です。「maloja」や「Eider」や「Klean Kanteen」といった海外の商品がほとんどでした!



べしちゃんが使っている「OSPREY」もずらり。十数個のオスプレイに睨まれます。



U楽森活-東門店-
台北市大安區金山南路2段16-1
営業時間:10:30~21:30
もりふうみ
「鼎泰豊」の待ち時間にサクっと寄るといいかもです。
べし
それにしても「鼎泰豊」のトリュフ小籠包はおいしかった…

フェスキャンプ女子に「Saibaba Ethnique」

最後に訪れたのは、MRT板南線の国父記念館駅の2番出口から歩くこと5分。前回のフェス記事「Camp de Amigo」を主宰する土居さんのお店「Saibaba Ethnique 光復店」です。

ここは、エスニックとアウトドアを融合させた、フェスに着ていくような衣料雑貨を扱うセレクトショップ。フェスキャンプ女子なら1時間は出てこられない品揃えです。

もちろん可愛いキャンプ用品も充実。人目をひくカラフルなデコレーションのキャンプスタイルを提案してくれます。

もりふうみ
あ、衝動買いしてますね!
べし
ピアスはふだんも使うから…!!

そのまま徒歩圏内にある「Saibaba Ethnique 東区店」も見に来ました。

お店は先ほどの光復店の方が大きく、品揃えも豊富だったのですが、色違いの帽子や型違いのアクセサリーなどがありました。じっくり買い物を吟味したい方は2店舗とも周った方がいいかも!

もりふうみ
セレクトが全部可愛い!アウトドア女子もフェス女子も楽しめるお店。
べし
日本店も出来てほしいねー!
Saibaba Ethnique 光復店
台北市光復南路290-31
営業時間:13:30〜22:00
Saibaba Ethnique 東区店
台北市大安区大安路1段51-49 1F
営業時間:13:30〜22:00

台湾でショッピングを楽しむために!

という事で今回のアウトドアショップ巡りの戦利品はこちら。ラグ、帽子、OPINELのナイフでした!あー、可愛い!!!

どれも日本でも買えるって?たしかにそれはそうかもしれませんが、たくさん買ってしまったのにはこんな理由が…

みなさん、計算間違いだけには気をつけてくださいね!!!

PR