宮古島で至れり尽くせりキャンプ!その2 もりふうみの徒歩キャン日記

この記事の目次

こんにちは、キャリーバッグで徒歩キャンプする大学生、キャリーキャンパー「もりふうみ」です。

前回、宮古島でのキャンプにお誘いいただいた私。今回は実際の至れり尽くせりキャンプの様子を、2回に分けて綴っていきます。

まず宮古島に着くと、キャンプ場のオーナーのユキさんが空港まで迎えに来てくれます。そのまま1日目の観光がスタート!

東洋一の美しさ、与那覇(よなは)前浜ビーチ

最初に立ち寄ったのは宮古島定番の観光スポット、与那覇前浜ビーチ!

7kmずーっと続く白い砂浜と、見たこともない青さの海。目の当たりにしても信じられない青さです。一日中ここにいたいなぁ。と思っていたら即移動!

ユキさん
宮古の海はこんなもんじゃないけぇの!!!
もりふうみ
いやいや、十分素敵なんですけれど…まだ上があるんですか!?東洋一とは一体…

おしゃれなカフェ 「あおぞらパーラー」

南国といえばマンゴー。「あおぞらパーラー」で生産量日本一の宮古島のマンゴーをたっぷり使ったマンゴースムージーをいただきます。ここは、外観も店内もとってもおしゃれで「島感」高め!女子ならテンション上がること間違いなしです。

もりふうみ
お店の周りも可愛い雑貨屋さんがたくさんあるので、旅のお供にアクセサリーを買っちゃいました!
AOSORAパーラー
〒906-0000 沖縄県宮古島市下地来間104−1
http://aosoragr.com/

その名の通り! 砂山ビーチ

CMや雑誌、ホームページでよく見かける砂山ビーチは格好のフォトスポット!泳ぐよりも写真を撮りに訪れる人が多いそう。

特に波打ち際にある天然のアーチは「自然ってすごい」というに気分になります。夕方に逆光でアーチを撮るのもロマンチックでしょうね。

しかし、波打ち際までは砂の山を越えないと着きません。足を砂に取られながらのプチハイキング、私は往復10分かかりました。キツかったー!!!ただ、行ってみる価値は十二分にあるので、ぜひ挑戦してみてください…!

ユキさん
まだまだ宮古の海はこんなもんじゃないけぇの!!!
もりふうみ
えっ…!こんなに苦労したのに!?

島尻のマングローブ

かつてマングローブ林のカヤックガイドをしていたユキさんの案内で、キャンプ場からすぐ近くのマングローブ林を散策しました。希望すれば、カヤックツアーもしてくれます!

マングローブに関するユキさんのお話はどれも詳しくて面白い!ネタバレになっちゃうので詳しくはお教えできませんが、黄色の葉っぱと緑色の葉っぱに関する豆知識が「100へぇ」でした!

〜もりふうみのマングローブ豆知識〜
もりふうみ
今発見したすごいこと聞いてください!!!
ユキさん
なんじゃ、発見って?
もりふうみ
案内板に「マングローブは汽水域に生有する木の一群の総称である」と書いてあるんですけど
もりふうみ
つまり「マングローブ林」って、同じことを2回言ってませんか?同語反復トートロジー!
ユキさん
……

キャンプ場で最高の夕食

1日目の夕食は沖縄料理のバイキングでした!ユキさんお手製のチャンプルーやお刺身など、食べきれないほどの料理が。豪華だ〜!

得体の知れない鮮やかな魚(イラブチャー)の炭火焼。見た目に反しておいしくてびっくり!

私が作ったフーチャンプルー。ユキさんに教えてもらいながらどうにか完成しました。夕飯をご一緒した宮古の方にも高評価をいただきました!よかったー。

キャンプ場でライブ

夕飯を食べていると、楽器をたくさん積んでいる軽トラがキャンプ場に入ってきました。この日はユキさんの友人、島尻さんが特別にライブを披露してくれました!

あっという間に即席ステージが完成してライブスタート!懐かしの歌謡曲や、沖縄民謡を聞かせていただきました。

もともと外で音楽を聴くのが大好きなのですが、夜の穏やかな島風のにあたりながらのライブは格別でした。

ライブ後は全員で遊宴。時間を忘れてしゃべりっぱなし!島での生活のこと、音楽のこと、キャンプのこと、話は尽きずに夜は更けていきました。

2日目につづく

ずっと関東で暮らしていて、旅行先でこれといった友人ができたことのない私。

この夜に皆さんと仲良くなって、遠く離れた場所に「私の知ってる場所」が増え、なんだかあったかい気持ちで床についたのでした。

そんなこんなで濃密な1日目はおしまいです。シュノーケルすらしていないのにこの充実度。宮古、おそるべし。

キャンプルー宮古島
TEL:080-3956-2661
〒906-0002
沖縄県宮古島市平良字狩俣1716-1
http://campruuu.xyz/

予約の際に「CAMPICを見た」と伝えると、もりふうみ(ふぅちゃん)にちなんでフーチャンプルーのサービスが付きます!ほわほわもふもふ食感です。

PR