シンガポールのアウトドア事情をリサーチし隊!シンガポールのキャンプ場事情【もりふうみの徒歩キャン日記】

この記事の目次

こんにちは、キャリーバッグひとつでキャンプする大学生、もりふうみです!

はじめに

前回、シンガポールのアウトドアショップを調べ回り、なんとなーくシンガポールのキャンプスタイルを垣間見ました。

今回は実地リサーチ!「シンガポールのキャンプ場事情」です。

シンガポールのキャンプ場

キャンプ場は、マリーナベイサンズホテルからタクシーで10分。シンガポールでアウトドアの空気を満喫できる公園「East Coast Park」にあります。



横長に15kmにわたるビーチと公園では、サイクリングやローラースケート、ウォータースポーツが楽しめる。そんな公園の一角に、シンガポール唯一のキャンプ場(ふぅ調べ)があります。


(ハイスタイルのかまど、調理台、テーブルと椅子のついたBBQピットもいたるところに。ゴミ捨て場まで併設されてる!!)


(今回は公園内のキャンプサイトエリアDに行きました)

(きれいな海と目の前を行き交うタンカー。シンガポールならではの風景)

気になる設備と水回り


(簡易的なシャワーに、更衣室まで完備!)


(数時間おきに公園の方が清掃に入るそうで、すごくキレイ)


(歩いて1分で海の家のようなご飯屋さんもあります)


(ハイスタイルのかまど、調理台、テーブルと椅子のついたBBQピットもいたるところに。ゴミ捨て場まで併設されてる!!)

ハイテクな予約システム!

ここのキャンプ場では、無人でも機械を使って予約ができます!さすが、先進国家シンガポール。



WEBからの予約もできるみたいです。でもどうやら在留資格が必要みたい……。キャンプできるかどうかは、行ってみてからの賭けになっちゃいますね。
https://e-station.axs.com.sg/NParks_Camping/Internet/index.php

シンガポールのキャンプスタイル

前回のアウトドアショップ巡りのときにも記した通り、暑い平地のキャンプよりは山寄りなアウトドアが主流なシンガポール。キャンプスタイルも、より’海外’らしいシンプルなスタイルです。

そもそも、デコレーションを楽しむキャンプスタイルは、日本や韓国・台湾特有みたい。少し前に「Cool Japan」という外国人が日本の文化を分析する番組に出演したのですが、やっぱりデコレーションキャンプのスタイルは外国の方には馴染みがないそうです。


(この日は平日だったこともあって、ソロでシンプルなキャンプをしている方しかいませんでしたが)


(ご家族連れでのキャンプも、日本に比べるとシンプルな感じです)

高級リゾート地でグランピング

そんな中、シンガポールでグランピングの出張サービスをしている会社「Glamping Society」を発見!ビーチの目の前でグランピングができるなんて、どんな高級ホテルにも勝る贅沢かも…

こちらも予約はネットから!1泊13000円くらいと、意外とお手ごろ価格です。問い合わせしてみたところ、日本人でもオッケー!とのことだったので、

大掛かりなキャンプセットを日本から持って行きたくない人や、確実にキャンプしたい人は、こちらでグランピングを依頼するのをオススメします。
https://www.glampingsociety.com/

おわりに

今回は宿泊叶わず下見だけ……となりましたが、シンガポールでも日本と変わらずキャンプできそう。

周りを島に囲まれたシンガポールの海キャンプは、風も強くなくて、穏やかにのんびりとした時間が過ごせそうです。

今度シンガポールに来ることがあったら、その時は絶対キャンプしよう!!


(木陰でひと休み。結構涼しい!)

プロフィール

森 風美(もり ふうみ)

キャリーバッグ1つでキャンプする大学4年生。キャンプを仕事にしようと就職を放棄しました。
現在、女子大生キャンプモデル・ライター・イラストレーター・コーディネーターとしてさまざまなメディアで活動しています。
アウトドアのお仕事があれば何でもTwitterInstagramの「もりふうみ」宛にご連絡お待ちしています!

 

PR