PICKUP!キャンパーインタビュー【2016年版】shimonさん編

憧れのヒルバーグの幕YETIのクーラーボックスキャンパーの理想を形にしたようなキャンプライフを楽しんでいるshimonさんのギア選びは、長年に渡り様々なギアを使い倒しているだけあり厳選されたものばかりです。

好きなものやハマったものには徹底的にこだわり独自のスタイルを貫いたレイアウトや、家族や仲間とワイワイ楽しく過ごすために計算され尽くされたレイアウトは必見です!

それでは早速shimonさんのキャンプライフを紹介していきましょう!

プロフィール

shimonさん 40代 男性 キャンプ歴10年以上

年間30泊程度ふもとっぱらや道志方面で主にキャンプさせていただいてます。
ビビリなキャンパーなので、ソロキャンプですらいつも装備が多くなってしまうのが悩みであり、今後の課題です。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

TentipiのZirkon 15 CPにヒルバーグのソウロを寝床用にインストールしています。
お気に入りのベンチ周りに薪ストーブ、ツーバーナーにクーラーボックスを配置して、動かないスタイルを確立しています。

お気に入りアイテム

1. sunsetclimax tarp01

お気に入りポイント

森林でも、湖畔でも、ふもとっぱらでも、どんなロケーションにもマッチしてしまう、全てをjapanmadeにこだわったタープです。
若干の伸縮性があるので、気持ち良くピンと張れる所がお気に入りです。

2. sunsetclimax sunsetclimax×kermitchair

お気に入りポイント

腰痛持ちの自分は体重もあるのでカーミットチェアは苦手でしたが「sunsetclimax ×kermitchair」のコラボチェアは強度のあるバリスターナイロンを縦方向と横方向に貼り合わせ生地の伸びを抑えているので、購入のきっかけとなりました。
シリアルナンバー入りというのも、所有する悦びを与えてくれます。

3. HILLEBERG(ヒルバーグ) アトラス

お気に入りポイント

ヒルバーグの幕にハマってしまったきっかけとなったのがこのアトラスとの出会いでした。
ふもとっぱらでのイベントで、嵐のような悪天候で周りのテントやタープが次々崩壊する中、友人の所有するアトラスは安心して過ごせ、楽しく宴会しました。
その年はヒルバーグのテントを5張り購入してしまいました。

4. YETI(イエティ) クーラーボックス

お気に入りポイント

アメリカ製に弱い年代でもあり、過剰なまでの頑丈さに惹かれて、初めは85qt(現在廃盤)を購入しました。
1人で持つには重過ぎて腰を痛め、ビビって小さいのを2つ使っていましたが、限定と言う言葉にヤラれ「シーフォームグリーン」と「アイスブルー」を購入し現在4つとなりました。
日本の釣具メーカーのクーラーが1番性能が良いかも知れませんが、私は断然YETI派です。

4. YETI(イエティ) クーラーボックス

お気に入りポイント

アメリカ製に弱い年代でもあり、過剰なまでの頑丈さに惹かれて、初めは85qt(現在廃盤)を購入しました。
1人で持つには重過ぎて腰を痛め、ビビって小さいのを2つ使っていましたが、限定と言う言葉にヤラれ「シーフォームグリーン」と「アイスブルー」を購入し現在4つとなりました。
日本の釣具メーカーのクーラーが1番性能が良いかも知れませんが、私は断然YETI派です。

ギア選びのポイントは?

サイトのレイアウトに合うのかどうかをイメージしてから購入しています。
以前はなんでもかんでも周りの人が良いと言えば購入していましたが、統一感がなくなるので、その辺りは気をつけるようにしています。

今ゲットしたいギアは?

  • ヒルバーグのサイタリス (旧サンドカラー)
  • 四駆の車
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

家族の笑顔が見たくて始めたキャンプですが、いつからかギアばかりにこだわってしまい、毎日届く宅配便のお兄さんと顔見知りになってしまいました。

ギアにこだわりも何もない、キャンプ場に行ったらアレしてコレして遊ぼうって考えていた時期が1番楽しかったのかも。

オシャレも楽しいですが、無理は禁物です。
ポチり中毒にならないよう、沼にハマり過ぎないよう注意して、楽しいキャンプを!!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。