PICKUP!キャンパーインタビュー【2017年版】akkhstyleさん編

この記事の目次

キャンパー紹介

流行のファッションを追っていると、1年後には流行遅れで着られなくなったり、10年後に写真を見返して「なんて格好をしてるんだ・・」と恥ずかしい気持ちに..。

キャンプシーンでも同様です。後先考えずに「これ最近よく見る!欲しい!」と買ってしまい、すぐに押入れ行きなんてこともしばしば…。

さて、今回はご紹介するのは、流行に左右されず自分だけのスタイルを一直線に貫いているakkhstyleさん。チェアと同じ柄で作られたタープや、手作りのヴィンテージテントカーテンなど、細部までこだわった統一感は見よう見まねで真似できるものではありません。

雰囲気漂うヴィンテージギアに、オリジナルブランドのテイストが見事に融合し、独自のスタイルが確立されたテントサイトは必見です。

それでは早速、まるでアメリカのフロンティア時代にいるような気分にさせてくれる、akkhstyleさんのキャンプライフを紹介していきましょう!

PR
 

プロフィール

akkhstyleさん
40代 男性 キャンプ歴 5年〜9年

自由なキャンプライフを求めて道志を拠点にキャンプしています。毎週末のキャンプの事しか考えていないです。

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

サイトの雰囲気に合わせてヴィンテージのパラソルを秋冬は使用しています。
70年代のキャンプはパラソルがタープ代わりでしたし、夏以外は日陰なくても大丈夫ですから。

お気に入りギア

1. FRONTISTAR 焚き火台

お気に入りポイント

焚き火好きがこうじてオリジナルブランドを作りました。
国内では珍しいロティサリーはもちろん、アイアンスティクをさせば
ダッチオーブンからスキレット料理までなんでも出来てしまいます。
焚き火の際には、抜き型のロゴと星が炎でオレンジ色に浮かぶ姿がお気に入りです。

2. テーブルトーチ

お気に入りポイント

ルミエール、ノクターン、ハリケーン、カンブリアランプと異なる灯りです。
生の炎は焚き火のようにテーブルを灯してくれます。

3. CABANON テント

お気に入りポイント

いわゆる鉄骨幕は重いというのがありますが、
これはアルミフレームで軽量なのと、二面の格子窓が一番のお気に入りです。

4. アウトサイドイン カチャカチャチェア

お気に入りポイント

タープと合わせてレトロストライプで統一感を出してくれるところが一番のお気に入りです。

ギア選びのポイントは?

既視感あるサイトにならないよう、定番品や流行品は避けて好きなものだけを選びます。

今ゲットしたいギアは?

  • 子供用のテント
  • ラルフローレンのタープとポール
  • 珍しいクーラー

ビギナーキャンパーへアドバイス

キャンプは行ってこそだと思ってます。
年に数回だけキャンプする人よりも、何度もキャンプしている人の方が惹かれます。
だから情報が溢れるなか、頭でっかちにならず、どんどんキャンプに行って欲しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。