【おぎやはぎのギアキャン#14】コールマンのビンテージシングルバーナー 音もフォルムもかっこいい!

このページの項目

今回のギアキャンは、前回に引き続きviblant(ビブラント)の石角さんからコールマンのビンテージシングルバーナーを紹介していただきます。新しく快適な最新ギアも素敵ですが、いいものを長く大切に使うビンテージギアの味わい深さも素敵ですね。コールマンのビンテージシングルバーナーは、一体どんな魅力を持っているのでしょうか?それではギアキャン#14スタートです!

コールマンのビンテージシングルバーナー 「PEAK1 400A(1983年製)」をご紹介!

今回ご紹介していただくのは、コールマンの小型のガソリンストーブ「PEAK1 400A」

矢作さん
これ、コンロでしょ?

さすが矢作さん、キャンプギアの知識が増えていますね!

ビブラント 石角さん
はい、ガソリンを使うシングルバーナーです。これもコールマンなんですよ。1983年式です。
小木さん
じゃあ、ビンテージといったらコールマンなんだね〜。
矢作さん
前回のガソリンランタンと形が似てますね!!
ビブラント 石角さん
そうなんですよ、前回のガソリンランタンと構造は一緒ですね。
矢作さん
じゃあ、またポンピングやらされるんでしょ?
ビブラント 石角さん
はい(笑)。

今回も小木さん・矢作さんに、ポンピング頑張ってもらいましょう!

前回体験したビンテージガソリンランタンの記事はこちら!

【おぎやはぎのギアキャン#13】ビンテージガソリンランタンの魅力を深掘り! 点火方法もご紹介

2021.03.26

コールマンのビンテージシングルバーナーを点火してみよう!

コールマンのビンテージシングルバーナー「PEAK1 400A」の点火方法と、そのポイントを確認していきましょう!

点火工程

  1. 折りたたみ式の脚を広げる
  2. ホワイトガソリンを8分目まで注ぎポンピング(約100回)
  3. ガストーチでジェネレーターを温めるように炙る
  4. 火力調整バルブをOPENし、メインバルブを反時計回りにして点火

工程1)折りたたみ式の脚を広げる

底に隠れている脚3本を広げます。

ビブラント 石角さん
なんで脚が3本かというと、たいらな所が少ないキャンプ場などでも安定して使えるようになんですよ。3点というのが、バランスがとりやすいんです。

工程2)ホワイトガソリン(純正)を8分目まで注ぎポンピング約100回


ホワイトガソリンは、純正のものを使いましょう。

なぜ純正のホワイトガソリンを使うの?
純正のホワイトガソリンは、原油精製工程の違いから、ガソリンスタンドで販売されているものとは純度が違います。純正ホワイトガソリンは不純物を99.9%取り除いており、すすが出にくく目詰まりなどを起こしにくいため、燃焼器具の性能を最大限発揮でき、製品の寿命も伸ばしてくれます。
ビブラント 石角さん
この儀式楽しいですよね。
小木さん
(ベテランキャンパーっぽい雰囲気があるので)ポンピングは人に見られたいやつだな。

続きはハピキャンで

記事提供メディア

ハピキャン-タカラモノを探しにいこう

ハピキャンはキャンプ・アウトドアのお役立ち情報を発信。テレビ番組「おぎやはぎのハピキャン」とも連動中。

関連リンク

PR  

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。