【PR】初めてのキャンプはこれで決まり!カーシェアとキャンプ用品レンタルでお得にキャンプデビュー!

このページの項目

はじめに

テントからはじまり、タープにチェア、テーブルなどなど…キャンプをするためには揃えるものがたくさん!さらに人気のあるキャンプ場に行くとなると車も必要になってきます。

正直、ちょっぴり初心者にはハードルが高い!ですがせっかくのキャンプに出掛けるなら道具も場所も妥協したくないですよね…。

そんな時におすすめしたいのが、
クルマもキャンプギアも購入しようとする前にレンタルで気軽に体験してみることです!

今回は実際にクルマもキャンプギアもまるっとレンタルサービスで用意して、本当にキャンプを楽しめることができるのか、体験してきました!

最後にはお得なレンタル情報もあるのでぜひチェックしてみてくださいね♪

カーシェアサービスを利用して気になっていたキャンプ場へ!

明日は姉妹で初めてのデュオキャンプ!特に姉の方は初心者キャンパーなのでドキドキです。

スマホひとつでかんたんに使用できるトヨタの新しいカーシェアサービスTOYOTA SHARE(トヨタシェア)を利用してキャンプ場まで向います。

入会費無料ではじめることができ、予約〜利用(解錠/施錠操作)までスマートフォン一つでできてしまうという本サービス。24時間対応しているので、必要な時にいつでも使える点も魅力的です!

コンパクトカーからSUV、ミニバンまで、多彩なラインナップの中から車を選ぶことのできるTOYOTA SHAREですが、今回はアウトドアにぴったりなRAV4という車両をお借りしました。

前々から気なっていたSUV車。女性が運転するにはちょっと大きいかな?なんて思っていましたが、今回は思い切って挑戦してみることに。

実際に乗ってみた感想は…

「あれ、すごく乗りやすい!!」

今までの不安はなんだったの?と拍子抜けするぐらい、なんの問題もなくドライブできました!

漠然と大きい車体は怖いと思っていましたが、車内を広々使えてとっても快適。

何よりも普段レンタルして運転する車よりも力強さがあって、スイスイ進んでくれる感覚がたまりません!

ラゲージ(収納スペース)も大容量!

デュオキャンプならまず積載の心配をする必要はなさそうです。

最初はちょっぴり不安でしたが、運転し始めればすぐに慣れてしまいます。

キャンプ場までの道のりはガールズトークで大盛り上がりでした!(笑)

キャンプ用品はセットでお得にレンタルで!


今回はキャンプ道具もレンタルで準備しました!

商品の注文は、日本最大級のレンタル品揃えを誇るキャンプギアレンタルサービス【TENTAL】を利用。テントだけでも50種類以上あり、レンタル後に購入できる機能もあるので「購入する前にちょっと試したい」なんて方にもおすすめです。

せっかくなので今回レンタルする商品のチョイスはキャンプ初心者の姉にやってもらいました。

姉が選んだ商品は、テント、テーブル、寝袋など、キャンプを思う存分満喫するのに必要な道具が一通りセットになっている「手ぶらキャンプセット(フルver.)」

決め手は2名用テントの可愛らしいデザインと、焚き火や簡単な調理器具(クッカー、バーナー)もセットになっている点とのこと。

商品名の通り、手ぶらでもキャンプができるような、充実したセット内容になっているので、キャンプ道具を持っていない初心者の方でも安心してキャンプが楽しめるセットです。

春夏秋用と冬用の2種類がありますが、今回は少し寒い時期に出かけたので、冬用をチョイス。冬用を選ぶとセットの寝袋がダウンシュラフになるので、肌寒くなってくる10月後半からはこちらがオススメです。

車に積んでみるとこんな感じ。

コンパクトすぎてちょっぴり寂しいくらいですね(笑)積載量の少ない車でもこれなら問題なく持ち運びできそうです。

いよいよキャンプ場に到着!


今回お邪魔したのは、富士山麓に位置する広大なフリーサイトを有した「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」

多くのキャンパーさんに愛され続けており、一番お気に入りのキャンプ場に挙げる方も多いのではないでしょうか?

施設も整っており、富士山もバッチリ見えるので、個人的にもおすすめのフィールドです。

今日はここで思う存分キャンプを満喫していこうと思います!

2人でやれば早い!テントサイト設営


それでは早速テント設営を開始!

姉と二人で手分けして作業を進めていきます。

ちょっぴり手こずってしまいましたが、約30分で一通り完了できました!

ソロキャンプだと一人でテントを立てたり椅子を準備したりで大変かもしれませんが、何人かで来れば作業も分担でき効率的に設営を進められます。

「キャンプデビューはソロがいい!」というのも素敵ですが、特にこだわりがなければ、初めてのキャンプは2人以上で一緒にいくのがオススメです!!


テントの中はこんな感じ。

窮屈そうに見えますが、意外と左右にゆとりがあって、ちょうど良いサイズ感。

冬用のダウンシュラフも分厚くてとっても暖かそう!これなら安心して眠ることができそうです。

キャンプ場で食べるカップ麺は格別。


前日に食材を用意し、たくさん作ってオシャレなお皿に盛り付けるフォトジェニックなキャンプ飯はとっても素敵。

ですが、まずオススメしたいのはキャンプ場で食べる「カップ麺」!

安い!簡単!はもちろんですが、大自然の中で食べるカップ麺は、(個人的に)普段食べる時の3倍ぐらい美味しく感じます(笑)

初キャンプは慣れない作業が多くて意外と疲れてしまいます。

なので最初は、簡単に料理を済ませてしまうのが良いかもしれません。

肌寒い時期だったので暖かいスープがしみる!!

姉も喜んでくれたので、一安心です(⌒▽⌒)

焚き火で暖まりながら談笑

せっかくキャンプを始めるのなら、絶対にやっていただきたいのが焚き火。

キッチン以外でほぼ見かける事の無い「火」ですが、実際にゆらゆらと燃える自然の炎を囲めば、きっとあなたも焚き火が好きになると思います。

火起こしに対して難しそうというイメージを抱く方が多いですが、実は意外と簡単。

着火剤を使えば、ものの数分で焚き火を楽しむことができます。着火剤は100円ショップや売店のあるキャンプ場に売っているので入手も簡単です。

今回は姉にも挑戦してもらいましたが、サクッと火起こしできていたので、きっとどなたでもできるはず(笑)

焚き火の注意点
・過度に炎を大きくしすぎない。
・ゴミは燃やさない
・消火し切ったのを確認してから就寝する。
・炭、灰は所定の場所に捨てる
・直火OKなキャンプ場以外で焚き火をする際は必ず焚火台を用意する。

不思議なもので焚き火は人をリラックスさせてくれます。

たわいもない冗談話で盛り上がったり、普段できないような相談事をしあったり。

「キャンプ」という非日常空間の中だからこそ、お互いに身構えることなく本音で語り合えるのかもしれません。

「友人や恋人、仕事仲間や家族ともっと仲を深めていきたい。」

そんな風に思っていらっしゃる方も、親睦を深めるきっかけとしてキャンプに挑戦してみても良いかもしれませんね。

さいごに


姉妹揃っての初デュオキャンプ。

実際に出かけるまではドキドキでしたが、車に乗り込んでからは一日中ずっと笑いっぱなしの素敵に日になりました!

自分が初キャンプになかなか挑戦できなかった頃に、この2つのサービスを利用していれば、もっと早く始められたのになぁと少し悔しいです(笑)

もしもキャンプ道具や車を揃えるのが大変で、一歩踏み出背ていない方がいらっしゃいましたらぜひ、両サービスを覗いてみてください!

最後に耳寄りな情報です!

今回ご紹介したカーシェアサービス「TOYOTA SHARE※」キャンプギアレンタルサービス「TENTAL」がコラボしてお得なキャンペーンが開催されます!

TOYOTA SHAREをご利用の上、TENTALでキャンプギアのレンタルをしていただくと、TENTALの一部セット商品が30%OFFに!

スマホで簡単にご予約できるので興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね♪

※「トヨタモビリティ東京株式会社」が運営するステーションでご利用のみ対象となります。対象ステーションは、以下「コラボ詳細」ページをご覧ください。

関連リンク

トヨタモビリティ東京

トヨタモビリティ東京のオフィシャルサイト。東京都内でトヨタ車のご購入をお考えの際はぜひトヨタモビリティ東京へご相談ください。200店舗以上の店舗網でお車のご購入からメンテナンス、自動車保険、携帯電話まで安心で快適なカーライフをご提供いたします。
TOYOTA SHARE(トヨタシェア) | トヨタモビリティ東京

toyota share(トヨタシェア)はトヨタの新しいカーシェアサービス。トヨタモビリティ東京ならではの充実装備の車両を15分単位で24時間、必要な時にご利用いただけます。
カーシェアコラム Q&A

カーシェアを使ってみたいけど、はじめてなので不安という方もいらっしゃいますよね?そこでトヨタモビリティ東京がtoyota share(トヨタ シェア)を利用するポイント解説。toyota share(トヨタ シェア)でよくある疑問とその対処法などをご紹介します。
PR  

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。