【憧れの軽バン生活!】車内をDIYしながら車中泊を楽しむキャンパーさん等が素敵すぎた。。

自分等で作ったDIYアイテムと、たくさんの夢や希望を乗せて目指せ日本一周!

今回ご紹介するのは、38万円の中古の軽バンを購入して、車中泊をしながら日本一周を目指している軽バン生活さん(あかねさん)です!

「こんなの憧れちゃうに決まってる!!」

初めてインスタグラムで拝見した時、ついつい口に出てしまったほど、素敵なキャンピングカーライフを送っているお二人。

内装はなんと全て自分たちでDIYして作り上げて行ったんだとか!とってもオシャレで機能的なのに凄すぎます…。

そんな、お二人の様子はインスタグラムはもちろんのこと、ツイッターやYoutube等でも見ることができます。

見ているだけでワクワクして、一緒に車中泊を楽しんでいる気分になれるような素敵な発信を日々されているので是非そちらも合わせてご覧になってくださいね!

CAMPIG

軽バン生活さん、ありがとうございました!

PR  

プロフィール

軽バン生活さん
20代 女性 キャンプ歴 1年未満

車中泊でふたり旅をする「軽バン生活」のあかねです。

私たちは38万円の中古の軽バンを購入して、内装を自分たちでDIYし、車中泊をしながら日本一周を目指しています。

2人ともキャンプ、料理、自然が好きで、良い天気の日には、自然に囲まれた場所を探し、車ならではのキャンプをしています。

ここでは私たちの車内のこだわりを紹介します!

テントサイト レイアウト

レイアウト ポイント

軽バンの車内は機能性・デザイン性をどちらも妥協なく詰め込んでいます。

車内をふたりで生活するので、荷物は全て床下収納に。軽自動車でもできるだけ広く使えるようフルフラットを心がけました。

また、内装は全て木材を使用し、手作り。木材と温かみのある電球のおかげで、ログハウスのような車内になりました。

お気に入りギア

1. なし 車内キッチン

お気に入りポイント

車内で調理ができるよう、キッチン(シンク・蛇口・IH)を作りました。

毎日外でキャンプが理想ですが、雨の日でも車内で食事ができるように付けました。

IHとシンクを上に乗せるのではなく、スマートに見えるように埋め込み型に工夫しています。

2. なし 収納+引き出しテーブル

お気に入りポイント

外キャンプの際は、収納兼引き出しテーブルを備えつけて、そこで食事をします。

吊り下げライトをつければ、それだけでお洒落な雰囲気に。

車ならではのキャンプが楽しめます。

3. RENOGY ソーラー充電

お気に入りポイント

車内で生活するのに必須の電気。
私たちは車の上にソーラーパネルを備え付けています。

ポータブルバッテリーも良いですが、よくお出かけされる方は太陽光で発電できればエコだけでなく、電気代節約にもなります。

車でのキャンプならおすすめです!

4. なし 車内用テーブル

お気に入りポイント

車内用テーブルは折りたたみ仕様。車内の狭さを感じさせないために、足の部分は掘りごたつ式にしています。

これで、車内で食事をして、外の景色を見ながらコーヒーを飲む…という時間も車旅(バンライフ)ならでは、です!

ギア選びのポイントは?

私たちは車でのキャンプなので、テントや寝袋などは旅に持って行ってません。

車を改造する際にどのようなスタイルで生活やキャンプをするかをしっかりと考えて、先に備え付けておくことが1番の鍵です。

今ゲットしたいギアは?

  • スノーピーク 焚き火台
  • PowerArQ mini ポータブル電源
   

キャンプ初心者やキャンプを始めたい人へ一言

今後、バンライフ+キャンプをされたい方へ。

車でのキャンプが可能になれば、キャンプ場だけに限らず、絶景の場所、自然に囲まれた場所で特別な時間を過ごすことが可能になります。

今は中古車も10万円〜50万円ほどで購入でき、私たちのような素人でも、これだけのDIYができました。

今はキャンピングカーや車中泊仕様のバンのレンタルサービスもあります。

ご興味がある方は、一度、レンタルで体験してみるのも良さそうです!

ABOUTこの記事をかいた人

CAMPIC編集部

キャンプやアウトドア好きが集うCAMPIC編集部です!
日々テントとアンテナを張りながら色々な情報を収集し発信していきますのでよろしくお願いします。
自分たちの好きな事や物に記事がかたよることもあるかもしれません...
一人でも多くの人にキャンプや外遊びの楽しさを伝えることができれば嬉しいです。